SC-ADE200時刻同期200HzWINテレメータ (4ch)

外観 および 種類

モデル型番入力レンジロガーGPS
SC-ADE200±2.5 / ±1なし3.3V : SMA
SC-ADE201±2.5 / ±1連続記録3.3V : SMA
SC-ADE202±2.5 / ±1なし5.0V : BNC
SC-ADE203±2.5 / ±1連続記録5.0V : BNC
SC-ADE200-HV±10 / ±2.5なし3.3V : SMA
SC-ADE201-HV±10 / ±2.5連続記録3.3V : SMA
SC-ADE202-HV±10 / ±2.5なし5.0V : BNC
SC-ADE203-HV±10 / ±2.5連続記録5.0V : BNC

特徴

高精度A/D

差動4チャネル、分解能24bitΔΣを搭載、出力は16-22bitを1bit単位で設定可能です。サンプリングは、200Hz / 100Hz のいずれかを選択します。

GPSによる時刻同期

GPSによる時刻校正を精度±200nsecで行っています。位置推定モードの他に位置固定モードが選択できますので、GPSの捕捉状態が悪い場合でも動作が可能です。

データ形式

WIN*1形式に準拠したフォーマットです。

4チャネル独立設定

使用の有無、チャネル番号、分解能、ゲインが、チャネル毎に設定可能です。標準タイプが±2.5.0V または±1V、HV タイプは±10V または±2.5.0V から選択します。

リアルタイムテレメータ機能

データ送信先が2か所まで設定可能、時刻同期情報のステータス送信も 0:なし / 1:毎秒 / 2:毎分 / 3:毎時 から選択できます。

ロガー機能

SC-ADE201およびSC-ADE203の機能です。測定中でも SD カードの交換が可能です。1 分以内に操作を完了することでデータの⽋けなく連続記録が可能です。

仕様

主な仕様SC-ADE200SC-ADE201SC-ADE202SC-ADE203
入力レンジ標準: 差動入力 ±2.5.0V / ±1V 切り替え、HV: 差動入力 ±10V / ±2.5.0V 切り替え
チャネル数差動4チャネル
サンプリング200Hz または 100Hz
分解能24bitΔΣ ( 出力は16bitから22bitで選択 )
ダイナミックレンジ120dB typ. ( ±2.5.0Vレンジ、22bit )
時刻精度±200nsec
時刻校正内蔵GPSモジュールによる時刻校正
テレメータ機能UDP/IPでLANポートへ送信
ステータス情報時刻同期情報を「0: なし / 1: 毎秒 / 2: 毎時」ごとに、LANポートへ送信
ロガー情報なし連続記録 (WIN形式)なし連続記録 (WIN形式)
記録メディアなしSDカード (SDHC/SDXC)
*付属しません
なしSDカード (SDHC/SDXC)
*付属しません
データフォーマットWIN形式、A0タイプ
各種設定シリアルポートから設定可能、通信速度: 57600bps
GPSアンテナ3.3.3V SMA型ジャック5.0V BNC型ジャック
センサコネクタDsub/プラグ15pin x 1
LANインタフェース100BASE-TX/10BASE-T x 1
シリアルインタフェースDsub/ソケット9pin x 1
電源DC 10-16V
消費電流10BASE-T:1.7W typ. 100BASE-TX:1.9W typ.
動作温度-10℃から+40℃ ( 結露無きこと )
外形寸法幅149mm、高さ54mm、奥行き170mm ( 突起部除く)
  • WINは東京大学地震研究所で開発された多チャンネル地震波形処理システムのデータ形式です。